\即日借り入れおすすめ1位/

トップページ > 青森県

「今すぐ借り入れしたいけどカードローン利用は初めて」
「カードローン審査って誰でも簡単に通るの?」

当サイトでは青森県で今すぐ借り入れしたい方に、即日融資可能なカードローンをご紹介しています。今日申し込んで、今日中に借り入れしたい方は即日審査・即日融資可能な大手カードローンでのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借り入れランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

借り入れの基礎知識コラム


より便利に使うためにも、キャッシングに申し込む前にいくつかのサービスを比較検討しておくのがおススメです。初心者の方は見落としがちなのですが、各サービスによって、借入金利の差もありますし、利用できるATMの場所も違うと思います。

金利はともかく、ATMのチェックは意外に思われるかもしれません。



ですが、借入返済手続きが楽にできるかどうかも、長期の利用においては気にしておきたいものです。総合情報サイトや公式ホームページなどを確認しておくと、ピッタリのサービスが分かりますし、便利に使うことができます。
もしかすると、知らない人もいるかもしれませんが、キャッシングで使われる無人契約機とATMとは目的が異なります。



契約機でキャッシングに申し込む場合、画面の指示に従って機械を操作するのですが、実際に審査にあたるのは離れた場所にいる人間ですので、自動で審査されるわけではないのです。

リアルタイムで申込の様子を確認されていますし、場合によっては、本人確認に関する質問をされることもあります。
世間では無人契約機は審査がスピーディーなと言われがちですが、審査の厳しさは同じですし、虚偽のことを言ってもすぐに疑われてしまいます。
もし、金融機関からお金を借りる場合、キャッシングとカードローンのどちらを選べばよいのでしょうか。どのように使い分けたらいいのかはっきりとしないという人もいるでしょう。簡単に説明すると、キャッシングは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。


一方、最大で数百万円までの借入限度額がある大口融資で、分割で返済するサービスがカードローンと言われ、区別されています。

こうした特徴を持つカードローンは、審査に通りにくいと言われています。

キャッシングと呼ばれる融資の内容は、お金を貸し出している業者より数万円などの少ない金額の現金を借りるという借金の手段の一つとして考えてみてください。大概のケースでは現金を融通してもらうのならば債務者が返済できなくなったときのことを考えて保証人や担保などが必須です。だけれども、キャッシングを利用するという場合ならば、返済不可能になった場合を想定して他の人が返済したり資産を弁済に充てたりすることはあえて要求されることはありません。


申込者が間違いなく本人であるという証明になる書類を出せば、お金が手元に届くことになりますから大丈夫です。生活保護の受給者が急にまとまったお金が必要になった時はどうすればよいのでしょうか。


生活保護は収入とはみなされない為、キャッシングを使うことは不可能です。でも、いくらキャッシングでお金を借りたいからといって、収入があると偽ってキャッシングの申請を行うことは厳禁です。


キャッシングしていることが伝わってしまえば、生活保護がもらえなくなる可能性があります。ケースワーカーのチェックが入る銀行口座の利用を避けるなどして隠す努力をしても、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。

このように、生活保護受給者のキャッシングは基本的にできないようになっています。


なお、逆に積極的に融資を持ちかけるような業者は違法な金融業者なので、利用は厳禁です。キャッシングは借り換えが自由にできる点も一つの魅力でしょう。



仮に、いい条件で借りられる所があれば、そこからお金を貸してもらって、前の会社のお金を返せばOKです。


このように借り換えを利用すれば、より都合のよい条件で利用できることがあります。



クレジットカードや携帯電話料金の延滞など、金融事故歴があると判断された場合はキャッシングの審査には通りません。



ですが、税金が未納の場合は特にキャッシングの審査では問題にならないようです。

税金は高金利なため、滞納を続けると利息がどんどん膨れ上がってくるので、借りたお金で未納になった税金を払う方がお得な場合もあります。

住民税などの税金はもちろん、健康保険や年金などの支払いを放置したままでいると、差し押さえられる可能性があるので、できるだけ早く未納分を払ってください。支払いが難しいようであれば、自治体に相談してみましょう。


分割して払えるようにしてくれたり、特別減税といった、課税が難しい人のための措置をしてくれるでしょう。


万が一、税金が未納になる時には、それが分かった時点で先に相談し、対応をしておくようにしましょう。


クレジットカードの機能にはショッピングとキャッシングがありますが、ローンカードの中にはクレジットカード機能がついているものがあり、便利です。
カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、無職であれば一家の収入の、職を持っていれば年間の収入の3分の1を超えることは許されない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。


総量というからにはそれは1件1件のカードごとの決まりということはあり得ず、持っているカードが何枚であっても、事情は同じで、全てのカード利用分と、カードを使用しない借入金があればそれも含めて決まってくるので例外はありません。
実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。大まかに言って、3枚のローンカードを持ち、そのうちの1枚で50万円のローンを返済し始めていて、2枚目のカードで更に追加のローンを組む場合は、定義された年収の3分の1の金額から、すでに借り入れ済みの50万円を差し引いた金額こそが、すぐにわかります。
年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。

消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。ちなみに、キャッシング枠がついたクレジットカードを使ってお金を借りる方法もキャッシングと呼ばれます。
たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行のものとは分けて考える場合も多いです。


なぜなら、銀行のキャッシングと、ノンバンク系のキャッシングサービスでは、施行される法律が違う為です。具体的には、銀行には銀行法が、後者の場合は貸金業法に従ったサービスを提供しています。

青森県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス